スポーツブックブログ「タイガー・ウッズはやっぱりすごい!」


タイガー・ウッズは皆さんご存知のとおり、世界ナンバー1のプロゴルフ選手ですよね。メジャー大会で歴代単独2位となる通算14勝、こちらも歴代2位となるツアー通算78勝と神がかり的な実績を38歳のゴルファーがすでに残しています。

さらにウッズの生み出すお金は半端ない!2013年6月にアメリカ経済誌「Forbes」が発表したスポーツ選手長者番付によれば、ウッズは世界No.1となる年収7810万ドルを稼ぎ出しています。トレードマークとなっているナイキのマークを身につけることで、一体いくらもらっているのか気になるところです。

そんなウッズが、メジャー15勝目を目指していた今年のマスターズは腰の椎間板手術を断行したために大会1週間前に欠場が発表されました。残念ながら初出場を果たした1995年から続いていた連続出場も途絶えてしまいましたね。ウッズ不出場のマスターズを制したのはバッハ・ワトソンでした。2012年に続く2度目のマスターズ制覇となりました。

ウッズがマスターズ欠場を発表してから、「あ~やっぱりウッズの影響力とか人気ってすごいんだな」と思わされたことがあります。それは、アメリカにあるスポーツの賭け屋であるスポーツブック(もしくは、ブックメーカー)が、ウッズがマスターズを欠場したことで掛金の総額が20%落ち込むだろうとの記事をアメリカの経済情報誌「ブルームバーグ」が配信しました。その記事をご紹介したいと思います。

ブルームバーグの記事】
4月2日(ブルームバーグ):男子プロゴルフのタイガー・ウッズ欠場により、今季メジャー初戦のマスターズ・トーナメントの賭け金総額は約20%減る見込みだ。ネバダ州ラスベガスのスポーツブックメーカー(賭け屋)がこうした予想を示した。

世界ランキング1位で14回のメジャー優勝経験を持つウッズは痛めていた腰を手術したことから1日、初の欠場を公表。マスターズへの20年連続出場と5回目の優勝の可能性がなくなった。

ラスベガスの賭け屋「スーパーブック」のアシスタントマネジャー、ジェフ・シャーマン氏によると、ネバダ州のスポーツブックメーカー183社でマスターズは毎年のゴルフトーナメントで圧倒的人気がある。同氏は「タイガーを応援できれば、それだけでいい」という多数の人々がおり、そうした人々は別の賭けには関心を示さないと指摘した。

別の賭け屋のLVHスポーツブックによると、ウッズがマスターズを制するとのオッズ(賭け率)は3週間前に6対1だったが、腰の不調で別の大会を欠場したことから2週間前には10対1に下がった。これは昨年のマスターズを制したアダム・スコット(豪州)やロリー・マキロイ(英)と同率だ。
———————————————————————-

トーナメントの総額がウッズの欠場で20%も落ち込むんですよ!スポーツブック(英国で有名なwilliam hill)にも大打撃を与えたものになっちゃいましたね。

スポーツブックの掛金の総額っていうのは、一人の選手が試合に出るかでないかで大きく
違ってくるものなんですね。ウッズ本人はこのようなことが起きていることは知る由もないとは思いますが。

ちなみに、私は不出場を発表する前からタイガー・ウッズで勝負しておりましたので、残念な結果となりました。同じような方々もたくさんいらっしゃるのかなと思います。

次の全米オープンに期待しましょう!次も私はウッズで勝負です!!

【タイガーウッズ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です